映画DVD

ここでは、映画DVD に関する情報を紹介しています。
DMM.com DVD&CD通販 DVD予約はお得!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Post DATE: 2009/02/21
価格:¥ 2,925
発売日:2009-02-13
デスメタ・ギャグがなぜ青春映画に?
凝縮しすぎ
悪魔的つまらなさ。原作を知っている人は購入しない事をオススメします。
期待は大きかったけど
松山ケンイチさん うますぎです

カスタマーレビュー

デスメタ・ギャグがなぜ青春映画に?  (2009-02-18)
松山ケンイチのクラウザーさんの変身っぷりが、あまりにピタッリで期待していたのですが。中身はしょうもない青春映画になってしまっています。見ててこっぱずかしくなります。クラウザーさんのときの松山さんにはもっとキレてほしかった。とにかく監督がだめだめですね。原作のファンは見ない方がいいです。DVDをたたき割りたくなります。ただひとつまともなのがカジヒデキで「甘い恋人」とは、トホホな映画でした。劇場に見に行かずによかった。

凝縮しすぎ  (2009-02-14)
原作をつなぎあわせて2時間弱にまとめた感じでした。ダイジェストを観ているようで内容が薄くなったような気がします。ライブの迫力、キャスティングは良かっただけに残念・・・。

悪魔的つまらなさ。原作を知っている人は購入しない事をオススメします。  (2009-02-13)
最低ですね。褒め言葉としての最低ではありません。正に悪魔的つまらなさ。原作を知っていたら怒りに打ち震えるレベルです。アマゾンの評価が5段階しかないのが残念です。500段階くらいあれば少しは正当な評価も出来るのに。その場合でももちろん評価1ですが。
金を貰って見るのと金を払ってでも見ないという選択肢があったとしたら間違いなく後者を選びます。

まずストーリーがめちゃくちゃ。原作を知ってればまだストーリーを追えますが、そことそこを繋げるかと。
次に登場人物がいちいち気持ち悪い。根岸の気持ち悪さも過剰だけどそこはまだいいとして、ジャギこと和田やアサトまであそこまで気持ち悪いのはどうなのかと。
最高のギャグである首つりで登場のシーンの使い方が最低。あんなタイミングで出してもどうしようもない。
薄っぺらい感動ストーリー仕立て。どこにでもある青春感動ものストーリーなんか誰が求めてるんだと。
クラウザーさんのリアルレジェンドあれだけ?

この他にも言いたい事は山ほどありますが、こんな糞映画とはいえこれから見る人もいるかもしれないのでネタバレはやめておきます。
見て後悔していると共に、映画館で見なくて良かったと安堵していたりもします。

期待は大きかったけど  (2009-01-26)
原作漫画は読んだことがありませんが、予告編がとてもバカそうだったのでとても期待していた映画です。
(キッスの)御大ジーン・シモンズが出演することもあって、期待はパンパンでした。
しかし、映画のテンポも悪く、ギャグの間が悪く、バカさもかなり中途ハンパで後半が変にしみじみとしていたので★2.5個の評価です。

デス・メタルの音楽は聞いたことがありませんが、本作の主題歌「SATSUGAI」はなかなか良かったです。
それと、本作を鑑賞時に1ヶ所だけ笑ったところがありました。
主人公が遊園地で人にぶつかった後のセリフです。

映画の評価は★2.5個ですが、ダメ元でジーン・シモンズにオファーを出した製作者と出演を受諾したジーン・シモンズの心意気だけには★5万個です。
ちなみに、ジーン・シモンズは20年以上前にSF映画「未来警察」とアクション映画「ウォンテッド・デッド・オア・アライブ」にも出演していました。

松山ケンイチさん うますぎです  (2009-01-18)
映画を観ました。最初の頃は、ちょっと引いちゃうような言動にビックリしましたが、そのうち慣れてきて単純に楽しめました。

主人公が思う、「本当にやりたい事はこんな事ではない」や「僕はこんな人間じゃない」という事って、自分の仕事に置き換えてみても共感出来る部分が多かったです。
仕事してると、大抵の人がこんな風に思う時があるんじゃないかな?

不満を原動力にして爆発させる主人公を見て、なんだかスカッとしました。
そして、松山ケンイチさんの演技が、半端なくうまいです。それだけでも観る価値ありです。
この人は将来が楽しみだなぁ・・・と本気で思います。

この商品を買った人はこんな商品も買っています。

パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]
イーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
ICHI スタンダード・エディション [DVD]
スポンサーサイト
Post DATE: 2009/01/15
価格:¥ 2,952
発売日:2009-01-23
理解出来きない人にはたぶん受け入れられない映画
原作に共感?できた人に…
きっと死ぬことは一番辛いことじゃない

カスタマーレビュー

理解出来きない人にはたぶん受け入れられない映画  (2009-01-13)
私自身の感想としては、共感がもててよかった映画。
映画館には2回観に行きました。
近くで観ていた人が、「こわかったね~、Sの人ってすごいね。絶対ムリー」って言ってました。
特に『いたみ』に免疫のない人が観ると、刺激の強い映画みたいです。
ルイの雑踏の中ですべてがウザイと思う感情もボディーピアスも、すごく良く解る。
シバさんアマの大量のピアスも、ストレスが溜まるたびに開けたくなってどんどん増えてったんだろうな~なんて親近感を覚えました。
形や表現は違っていても、それぞれに愛があって寂しさがあって葛藤があって、どうにもならない無常感無気力感があって、同じ気持ちを共有してくれる存在があるんだと思える、そこがこの映画の私にとっての魅力です。
吉高由里子ちゃん、才能あふれる女優さんです。これからの活躍に期待大☆

原作に共感?できた人に…  (2008-12-15)
私は実は、映画を観ていません。
でも予告編だけで泣けてしまいました。ネタバレしてるとか酷評も聞きますが。

原作を何度も読んで、それでも泣きました。泣きたいから映画もみたいと思った訳ではないです。
それは、私は一般的には「いい年した子供がいる主婦」と言うのかな?
私自身、刺青はないですが、ボディーピアスは増え続け、子供がいるのに何でこんな事をしてるのだろう?って思ってる中、偶然にも原作を読む機会に巡り会え「痛みで生きてることを感じる…」正に、と言うのを気付かせてくれた作品です。
私の周りは「あんなのエロ小説(映画)だ」と言っている人が多いですが、上手く言えないけど、金原ひとみさんが仰っていたように、自身の作品が実写になったら…という点で、私も文章でなく映像として観たいと思います。

きっと死ぬことは一番辛いことじゃない  (2008-12-10)
吉高由里子さんが脱いだ事で話題になった作品ですが、それに見合った以上のセンスや作品に対する思いが詰まった作品です。

冒頭の渋谷でボディービルダーの山岸さんが映ったときに蜷川監督のセンスを確信しました。
ボディビルダーとしてアメリカで戦うには体をより美しくみせる為に薬物を使わなくてはならず、まさに「身体改造」の分野で戦う戦士をここで使うとは。

役者陣も奮闘していて主演の吉高さんは役柄はふらふら揺れてる感じだけど、演技は最後までブレてなくて良かったし、ARATAさんの演技も(個人的にはピンポンのスマイルみたいな役をまたやって欲しいけど)良かったです。

ただ、吉高さんの裸目当てだったり、興味本位の人は後悔するかもしれません。
演技力と年齢以上の色気を持っている人なのでそういうシーンの興奮度は高いですが、作品が作品なだけに目を瞑りたくなるようなシーンも多々ありますので。

事実、映画館で僕が見た時に明らかにソレ目当てな(笑)男子高校生グループが気分悪そうにしてました。

観るのに体力がいる作品なので映画を鑑賞する事に正面から向き合える人か原作が好きな人ならきっと気に入る作品だと思います。

この商品を買った人はこんな商品も買っています。

ジュテーム ~わたしはけもの [DVD]
トンスラ DVD-BOX
ヒカリサス海、ボクノ船 [DVD]
紺野さんと遊ぼう ニヤリの巻 [DVD]
紺野さんと遊ぼう ウフフの巻 [DVD]
Post DATE: 2008/11/14
価格:¥ 3,948
発売日:2006-02-22
結局、歌が上手かったのがいい評価につながった。
かつてこれだけリアルな青春映画があったであろうか?
☆4つ
パワー満点の快作!
ありがちな青春映画かと思ったら、あんまり見かけないような良質映画でした。
???タイトルを聞いてピンと来る人は必見。そう、あのブルーハーツの代表曲がキーポイントになった青春映画だ。高校の文化祭のためにロックバンドを組んだ女子高生たち。しかし仲違いでボーカルが抜け、残ったメンバーは、韓国から来た留学生を誘う。ブルーハーツをコピーしようと決めた彼女たちだが、本番までは、たったの2日。必死の練習が始まるのだった。
???クールな存在感を放つ『ローレライ』の香椎由宇や、たどたどしい日本語と絶妙の「間」で笑いを誘う韓国のペ・ドゥナら、女優陣がすこぶる生き生きと輝いている本作。つねに屋上にいる留年の先輩など、脇役もすべて魅力的だ。ブルーハーツの歌詞が、登場人物それぞれの心情にかぶさるのも、さり気なく胸を締めつける。監督は『リアリズムの宿』などの山下敦宏で、彼ならではの“まったり”した空気感が、文化祭本番までの焦りと、それでもどこかゆったりと流れる高校生の時間を的確に表現。夜の校舎に居残るシーンを始め、この映画には、多くの人がノスタルジーを感じるであろう「高校時代」がビビッドに収められている。(斉藤博昭)
(引用:Amazon.co.jp)

カスタマーレビュー

結局、歌が上手かったのがいい評価につながった。  (2008-10-20)
 ソン(Vo)、ケイ(Gt)、ノゾミ(Ba)、キョウコ(Dr)の4人が繰り広げる、学園ドラム、いやドラマ。彼女達は、文化祭でブルーハーツをバンド演奏するために猛練習する。この映画では、友情、喧嘩、笑い、恋、韓国語、色々地味な演出が散りばめられており飽きないで最後まで見ることが出来た。学園生活の内容で面白かったのは、ソンが一人で誰も居ない舞台に上がり、MCの練習が良かった。俺も、舞台に上がってみて分かったことがある。MC難しい、言葉が出ない。まあ俺も音楽やっているせいか、かなりこの映画は楽しめた。あと、最後に一番強く言っておきたいのが、ソンさんめちゃくちゃ歌うーーーーーーーまーーーーーーいーーーーーーー。

かつてこれだけリアルな青春映画があったであろうか?  (2008-03-17)
かつてこれだけリアルな青春映画があったであろうか?
山下監督の類い稀なる才能が、一挙に放出された作品。
どのシーンを観ても、涙が出てきてしまう・・・
女子高生やったことないのに感じるこのデジャブ感って何なんだろう?

☆4つ  (2008-02-13)
切り取られた3日間。
感動的な友情劇やさわやかな恋愛模様が描かれるでもなく、一人一人の人間性を表すエピソードが展開されるでもなく、家庭環境が語られるでもなく、単にそれらの端々が、「バンド結成から本番まで」一生懸命に練習する彼女達の背景の1つとして通り過ぎていくだけだ。
それらの一つ一つは小さすぎて、どれをとってもドラマとして成り立たない。
あくまでこの映画は「ある学校の女子高生によるブルーハーツのコピーバンド」の、スタートと小さなゴールを描いただけだから。
まさに「普通」の人生の、そこだけを切り取った3日間。

だけど、「細切れ」のエピソードがスパイスとして絶妙で、なんとも言えない好感を抱かせてくれる。
「似たようなことがオレにもあったな」と、記憶と思い出のあちこちをくすぐるように、心地よく刺激してくれる。
そんな映画でした。

鑑賞目的の1つだった「ブルーハーツ」の演奏も、独特の雰囲気を出せててなかなか良かったと思います。
すごくお薦めなんだけどちょっと値段が高いかなぁ。
その分☆1つマイナスしときます。

パワー満点の快作!  (2008-02-11)
女性の即席高校生バンドが、リンダリンダリンダを歌う。それだけの話なのに、最後のカタルシスは何だろう。特にお涙頂戴的な脚本でもなく、話は淡々と進んでいく。その軸となるのがペ・ドゥナの魅力である。ちょっとセーラー服はきついかな、と思うシーンもあったが、何気ないひとことや、カラオケボックスでのひとりシャウトは見ていて本当に楽しい。韓国女優が主演の日本映画って、自分の知る限りはこれだけだ。「ソウル」の長瀬智也もそうだったが、ひとりだけ異国人で、なおかつ主役というのは大変なことだろう。加えて「ソウル」はあくまで日本向け作品だが、本作は異国人主役で日本向けである。「スゥイングガールズ」との類似がDVD内のリーフレットでも触れられているが、アプローチからして全く異なるので、同じようなイメージを抱いて、まだ見ていないという人はぜひ。楽しい気分で終われます。

ありがちな青春映画かと思ったら、あんまり見かけないような良質映画でした。  (2008-02-11)
見るまでは、ありがちな青春映画(「ウォーターボーイズ」など)かと思ったが、
まったく違った良質映画だった。


近年では、「アイデンアンドティティー」と並んで
音楽を扱って優れた作品を作ってくれた1本。


カメラが被写体に向けられただけで、
画面から「映画」があふれるような作品は稀だが、
(日本だと奥原浩志作品とか)、
これもそれに近い。

女子高生たちの存在感、特に話し方が、リアルだ。
岩井俊二の「打ち上げ花火~」を思い出す。

オフなショットと、その時間的持続がうれしい。

横移動、人物正面ショット、編集のリズムなどからは、
北野映画からの遠い響きを感じる。


ただし、この映画を観ると、
やっぱり映画って言うのは、サスペンスじゃないとダメなんだなと思う。

水溜まりを撮るだけでサスペンスにしてしまった
ソ連の作家のことを想う。


監督と松本隆さんとの対談が、興味深く、楽しい。
*松本氏は、この映画のバンドに詩を提供し、それはCD化されている。

http://www.kazemachi.com/cafe05/cafeno/cfn_yamashita/cafeno_in_f1_yamashita.htm

この商品を買った人はこんな商品も買っています。

we are PARANMAUM
映画「リンダ リンダ リンダ」オリジナル・サウンドトラック
リンダリンダリンダ (竹書房文庫)
子猫をお願い
ばかのハコ船 NO One’s Ark
Post DATE: 2008/10/03
価格:¥ 7,586
発売日:2005-11-16
すばらしい
老婆と少女
外国語のリスニング練習に使えます。
宮崎駿監督らしくもない
過剰な期待は禁物
???国内はもちろん海外でも高い評価を受けた『千と千尋の神隠し』から3年を経て、宮崎駿監督が発表した長編アニメーション(2004年公開)。魔女の呪いで90歳の老婆に変えられてしまった少女ソフィーと、人々に恐れられているが実は臆病者の美青年魔法使いハウルが、王国の争いに巻き込まれながら心を通わせていく。ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」を原作としたファンタジーだ。
???ハウルの城がもやの中にその姿を現すファースト・シーンだけで観客を別世界に引き込む手腕からして、やはり圧倒的。エピソードの因果関係などが若干わかりにくいきらいはあるものの、晴れた日の海の輝き、静謐に佇む湖が与える安らぎ、日常の中に訪れる平和な時間といった、何気ない一瞬の素晴らしさに心を奪われずにおれない。「千と千尋~」同様に、大筋と言うよりは細部にこそ味がある作品と言えそうだ。(安川正吾)
(引用:Amazon.co.jp)

カスタマーレビュー

すばらしい  (2008-03-01)
対談も最高でした。識者と識者の対談は、言葉の壁なんてありゃしない。
繋がって行く。外国語を勉強するよりも、人格を磨いたほうが、話せるのか!?とさえおもってしまいました(笑)

 映画の中にはメッセージが沢山こめられているとかんじました。まだ狭小な読み取りの私ですがハッとした言葉がある。

「飛行軍艦だ」「敵?味方?」ときくと、「どっちでも同じことだ」とハウルは答える。
戦争ってそういうことなんだ、敵、味方、どちらも破壊し、人を苦しめるのでは何も違えない。 わたしたちは戦争をもう繰り返すべきではないと、聞こえてきた気がしました。

あとはこの中にでてきた火の悪魔は、大きな力を出すときには誰かの何かを食べなくてはだめでした。火の悪魔はいいます「僕一人じゃできないんだ」って。
大きな力をだすためには、きっと、、、。

さあ、ここから先はまず見てみてください!下手な小さなことにこだわると、大切なことは
見えません。 この映画は説明がすくない。説明できない。あなた次第で
映画がおおきくふわっと膨らんで、そこからはあなたの中で「ハウルの動く城」!!!!

絶対おすすめ!!!!!!

老婆と少女  (2007-06-07)
心でどう感じるか捉えるか、で物事は幾通りもの解釈が出来る。前向きになったりネガティブになったり。普通、その心で捉えた事は劇的な変化をもって表面に表れることはないけど、この映画ではそれを老婆と少女の姿に変化させる事で表現しているんだと思います。内面に目を向けること、大切さに要を置いた作品。駄作と言う人もいるけど、私は好き。

外国語のリスニング練習に使えます。  (2007-05-23)
映画館で前半まで観たところで、物語に引き込まれ、久しぶりにワクワクさせられる物語でした。その段階で、DVDが発売されたら絶対に買おうと思ったほどです。

私が購入したのは特別版です。最近中国語を習っている事もあり、音声を中国語 字幕は日本語で毎日のように見ています。お陰で随分聞き取れる部分も増えてきました。英語の音声は声優さんの声がどうしても好きになれなかったので あまり英語では見なかったのですが、中国語の声は結構好きです。

外国語の吹き替え版で観ると、日本語が英語に翻訳されると、そんな風にセリフが変わっちゃうんだ!などと勉強になります。(直訳で無いため、字幕(日本語)と一致せず、話の流れを壊さない程度にセリフが変わっています。全部分かるわけでは無いので あまりえらそうなことはいえませんが・・。) 

ジブリのDVDは 外国語の音声と字幕があるので、語学を楽しく学べる教材としても最適だと思います。ディズニーアニメの英語字幕のように、字幕スーパーが一言一句間違いなくセリフと一致しているわけでは無いので、あくまで参考程度にしかなりませんが それでもあると便利です。

古い作品だと、英語のみだったりしますが、最近のものは何ヶ国語も入っているので もしも語学を勉強しているのなら、お薦めです。

ちなみに、ハウルの動く城特別版の音声及び字幕は、日本語、英語、フランス語、北京語、広東語で再生可能です。※中国語の字幕は簡体字では無いので、画数が多い漢字で、尚且つ知らない漢字は調べようにも その字がどう書いてあるのか分からない事があります。

宮崎駿監督らしくもない  (2007-02-03)
一応楽しむことはできましたが、後半は散漫になっているせいか主題が分かりづらいのが残念です。ソフィーの呪いについての謎も消化不良気味でした。

・・最近映画だけでなくアニメ、ゲーム、漫画も「登場人物も設定も増やして複雑」にするのが流行りなのでしょうか。その結果纏まりきらずテーマを伝えられず尻切れトンボで終わりと、素人並みの失敗を犯すという信じられない事態が続発してる様に思います(諸々の事情が絡んでるのもあるのでしょうけど)。映像の美しさ等技術面は確かに進歩してますが、反面ストーリー等の面白さは全体的に衰えたと断言してもいいでしょう。観る者に色々想像なり考察なり解釈させる作品はレベルが高い?同意はしますが、観る者が説明不足な箇所を解釈して補わなければならないのは明らかに間違ってます。そんな作品には何の価値もありません無意味に等しい。娯楽作品に蔓延したこの毒はどうすれば抜けるのでしょうか。それとも今後も質の低下は免れないのでしょうか。・・鬱だ。

過剰な期待は禁物  (2007-01-09)
見終わって「難しい映画だな」と思った。
つまらないわけじゃないし、駄作ではない。
ただ、しっかりしたストーリーがあるわけではないし、
しっかりした結論があるわけではない。
いろいろなテーマがシーンシーンにちりばめられている。
それはよくわかるのだが、でもそれも判然と描かれているわけではない。
非常に小さな子供連れのお客さんも多かったので、余計「難しいな」と思った。

ファンタジー性に少し欠けていたのが残念だったかな。
アニメというフィクションを生かした、
現実社会にはない世界観(を、
もっとしっかり作りこんで描いてくれたら、別にたいしたテーマがなくても、
そのファンタジー性のある世界を舞台にした物語というだけで十分楽しめるんだけど、
期待していた「動く城」の中は普通の家だったし、
舞台となっている世界も普通のヨーロッパの町といった感じだったし、
かつそれにしっかりした謎解きやストーリーがないとなると、
少々物足りなくなってしまうのは致し方がないか。
もっと時間をかけて非日常的な空想世界観を作り上げてほしかったな。
その辺は逆に原作に縛られ過ぎたのだろうか。

この商品を買った人はこんな商品も買っています。

ロマンアルバム ハウルの動く城 (ロマンアルバム)
千と千尋の神隠し (通常版)
宮崎駿とジブリ美術館
ハウルの動く城 徹底ガイド―ハウルとソフィー ふたりの約束
「もののけ姫」はこうして生まれた。
ザスーラ&ジュマンジ パック (初回限定生産)
Post DATE: 2008/08/08
価格:¥ 2,961
発売日:2006-04-16
セットでこの価格なら納得か

カスタマーレビュー

セットでこの価格なら納得か  (2006-02-08)
ジュマンジは古い映画だが、いまでも色あせることなく楽しめる。

ザスーラは、現代版リメイクだったが、イマイチだ。

でも両映画をセットにして見比べるのも逆に楽しいかも。

かえってジュマンジが新鮮に見れると思います。

プロジェクターで見て欲しいですね。

この商品を買った人はこんな商品も買っています。

グーニーズ 特別版
ザ・シーカー 光の六つのしるし
ウォーター・ホース コレクターズ・エディション
モンスター・ハウス デラックス・コレクターズ・エディション
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。